高橋真麻さんの歯と審美治療

こんにちは、審美歯科ブロガーの審太郎です。

今回はフリーアナウンサーである高橋真麻さんを見ていこうと思います!

 

この投稿をInstagramで見る

 

DiDi Guranjie/sakakibaraさん(@didiguranjie)がシェアした投稿

遠目で見ても白く整ったきれいな歯ですね。逆にきれいに並びすぎているので審美歯科治療をしたっぽい歯だと言えなくもないですが。

昔の写真を見ると、歯並びは以前からかなりきれいですが、歯の色が暗い様子でした。特定の歯の色が暗いのではなく、全体的に着色しているような感じなので、神経を抜いて変色したとかではなさそうです。

現在はつるんと白いので、ホワイトニングではなくセラミックだと思います。早く確実にきれいにするためにセラミックを選んだのでしょうか。

歯磨き粉のCMに出ているので、その前に治療は終わっていたのかもしれませんね(笑)

ただ、上の歯だけ処置をしたのか、下の歯の色は変わらないままなのが残念です。そのアンバランスさが気になるという声もSNS上で見られます(汗)

そういう意味でも、高橋真麻さんは審美治療で上の歯をきれいにしたと考えて間違いなさそうです。前歯を含んだ前面6本のオールセラミックですかね。

こちらの記事でも、セラミック治療をしたと書かれていますね。→芸能人御用達の審美歯科はどこ?実際に治療した芸能人もご紹介!

ちなみに、高橋真麻さんは五十嵐歯科クリニック自由が丘に通っていたと言われています。セラミック治療をしたのがこの審美歯科かどうかは分かりませんが、仮にここで「スーパーセラミックラミネートベニア」を受けていた場合、治療費は90,000円+施術料15,000円×本数という感じですね。

保険適用外(自費診療)で費用がかかるから、必要最低限の歯だけ白くしたのかもしれません。今後ホワイトニングなどで下の歯も白くなっていけば、さらに印象が良くなりそうですね!

今回のひとこと

歯を白くするにはそれなりの費用がかかります。すべての歯をきれいにする余裕がない場合、笑ったときによく見える上の前面6本の歯を白くするとコスパが良いかもしれませんね(他の歯の色次第ではアンバランスになりますが)。

マツコ・デラックスさんの歯と審美治療

審美歯科ブロガーの審太郎です。

今回は人気タレントであるマツコ・デラックスさんを見ていきます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊達直斗❤️datena♥️さん(@naotodate1019)がシェアした投稿

歯磨き粉「ピュオーラ」のCMにも出演しているマツコさんですが、下の歯の並びや変色が少し気になります。変色に関しては、煙草を吸う方なのでその影響もあるかもしれませんね。

歯並びについては裏側矯正をしていることが知られています。以前のテレビ番組で「(矯正をして)3年になる」と言っていたので、かなり長い時間をかけて治療している様子。今も歯列矯正が続いているのかは不明ですが、歯並びはきれいになっていきそうです。

マツコさんほどの売れっ子ならお金は有り余っていると思うので(笑)、下の歯の変色だってその気になればいくらでも治せそうですけどね。

PMTCですっきりきれいになる、という雰囲気ではなさそうなので、やるとしたらホワイトニングになるかなと思います。歯によって色味が違うのですが、これは喫煙が原因なのでしょうか。

一本だけ歯が黒ずんでいるというような場合、歯の神経を抜いた治療が原因となっている可能性もあるみたいです。ウォーキングブリーチという、神経がない歯の中にホワイトニング用の薬剤を入れる治療もあるようなので、黒くなってしまった歯が気になる人は検討してみても良さそうですね。

話がそれましたが、歯列矯正をしているマツコさんの歯は、特に下の歯がまだ完璧にきれいになってはいないと思います。引き続き治療中の可能性があるので、これからもウォッチしていきたいです。

今回のひとこと

マツコさんは影響力が強いタレントの筆頭でもあります。もしもホワイトニングで歯がきれいになったとしたら、その治療をした審美歯科は大繁盛しそうですね(笑)

やついいちろうさんの歯と矯正治療

審美歯科ブロガーの審太郎です。

芸能人の歯をチェックしていく当ブログですが、いきなりインパクトのある方を紹介しようと思います。エレキコミックのやついいちろうさんです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

明子さん(@akiko.hrsa)がシェアした投稿

お笑い芸人エレキコミックとして活動するかたわら、やついフェスという音楽フェスを主催していることでも有名な方ですね。

そんなやついさんの歯、知る人ぞ知る「非常にコンディションの悪い歯」だったのです。二重歯列という、歯が二列になってしまう歯並びを持ち、かなりインパクトのある状態でした。

<二重歯列の詳しい説明>
主に前歯で発生する、歯が二列に並んでしまう状態のことを二重歯列と呼びます。原因は様々で、「乳歯がきちんと抜けていない」「あごが小さすぎる」「歯が大きすぎる」などが考えられます。主に矯正治療で対応しますが、場合によっては抜歯を行うケースも。

え? 画像からはそんな風に見えない? そうです、やついさんは歯列矯正を行い、きれいな歯並びを手に入れた芸能人なのです。ミライズ矯正歯科南青山の院長に中華料理店で「(その歯を)ずっと治してみたかった」とスカウトされたとか。

何年もかけて治療した歯並びは、以前のやついさんを知っている人なら驚くほどに整いました。歯列矯正には表側矯正(外から見えるワイヤーで矯正する)と舌側矯正(外から見えない歯の裏側にワイヤーを付ける)がありますが、やついさんは表側で、かつカラフルな器具を付けていたそうです。

なお、歯列矯正と言えば銀色のワイヤーをイメージする人も多いと思いますが、今は色々あります。上記の他にもインビザライン(マウスピース型矯正)なんていうものもありますので、矯正歯科の先生とよく話し合って治療方法を決めていくのが良いでしょう。

今回のひとこと

一般的には70万円~100万円くらいはかかると言われる矯正治療。気軽にできるものではありませんが、かみ合わせの改善なども期待できます。QOLが一気に向上するかもしれませんね。

ちなみに二重歯列と言えば、かつてのおぎやはぎの矢作さんもそうでした。矢作さんも歯列矯正を行って、今では面影も感じられないほどきれいな歯を手に入れていますよ。