高橋真麻さんの歯と審美治療

こんにちは、審美歯科ブロガーの審太郎です。

今回はフリーアナウンサーである高橋真麻さんを見ていこうと思います!

 

この投稿をInstagramで見る

 

DiDi Guranjie/sakakibaraさん(@didiguranjie)がシェアした投稿

遠目で見ても白く整ったきれいな歯ですね。逆にきれいに並びすぎているので審美歯科治療をしたっぽい歯だと言えなくもないですが。

昔の写真を見ると、歯並びは以前からかなりきれいですが、歯の色が暗い様子でした。特定の歯の色が暗いのではなく、全体的に着色しているような感じなので、神経を抜いて変色したとかではなさそうです。

現在はつるんと白いので、ホワイトニングではなくセラミックだと思います。早く確実にきれいにするためにセラミックを選んだのでしょうか。

歯磨き粉のCMに出ているので、その前に治療は終わっていたのかもしれませんね(笑)

ただ、上の歯だけ処置をしたのか、下の歯の色は変わらないままなのが残念です。そのアンバランスさが気になるという声もSNS上で見られます(汗)

そういう意味でも、高橋真麻さんは審美治療で上の歯をきれいにしたと考えて間違いなさそうです。前歯を含んだ前面6本のオールセラミックですかね。

こちらの記事でも、セラミック治療をしたと書かれていますね。→芸能人御用達の審美歯科はどこ?実際に治療した芸能人もご紹介!

ちなみに、高橋真麻さんは五十嵐歯科クリニック自由が丘に通っていたと言われています。セラミック治療をしたのがこの審美歯科かどうかは分かりませんが、仮にここで「スーパーセラミックラミネートベニア」を受けていた場合、治療費は90,000円+施術料15,000円×本数という感じですね。

保険適用外(自費診療)で費用がかかるから、必要最低限の歯だけ白くしたのかもしれません。今後ホワイトニングなどで下の歯も白くなっていけば、さらに印象が良くなりそうですね!

今回のひとこと

歯を白くするにはそれなりの費用がかかります。すべての歯をきれいにする余裕がない場合、笑ったときによく見える上の前面6本の歯を白くするとコスパが良いかもしれませんね(他の歯の色次第ではアンバランスになりますが)。