やついいちろうさんの歯と矯正治療

審美歯科ブロガーの審太郎です。

芸能人の歯をチェックしていく当ブログですが、いきなりインパクトのある方を紹介しようと思います。エレキコミックのやついいちろうさんです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

明子さん(@akiko.hrsa)がシェアした投稿

お笑い芸人エレキコミックとして活動するかたわら、やついフェスという音楽フェスを主催していることでも有名な方ですね。

そんなやついさんの歯、知る人ぞ知る「非常にコンディションの悪い歯」だったのです。二重歯列という、歯が二列になってしまう歯並びを持ち、かなりインパクトのある状態でした。

<二重歯列の詳しい説明>
主に前歯で発生する、歯が二列に並んでしまう状態のことを二重歯列と呼びます。原因は様々で、「乳歯がきちんと抜けていない」「あごが小さすぎる」「歯が大きすぎる」などが考えられます。主に矯正治療で対応しますが、場合によっては抜歯を行うケースも。

え? 画像からはそんな風に見えない? そうです、やついさんは歯列矯正を行い、きれいな歯並びを手に入れた芸能人なのです。ミライズ矯正歯科南青山の院長に中華料理店で「(その歯を)ずっと治してみたかった」とスカウトされたとか。

何年もかけて治療した歯並びは、以前のやついさんを知っている人なら驚くほどに整いました。歯列矯正には表側矯正(外から見えるワイヤーで矯正する)と舌側矯正(外から見えない歯の裏側にワイヤーを付ける)がありますが、やついさんは表側で、かつカラフルな器具を付けていたそうです。

なお、歯列矯正と言えば銀色のワイヤーをイメージする人も多いと思いますが、今は色々あります。上記の他にもインビザライン(マウスピース型矯正)なんていうものもありますので、矯正歯科の先生とよく話し合って治療方法を決めていくのが良いでしょう。

今回のひとこと

一般的には70万円~100万円くらいはかかると言われる矯正治療。気軽にできるものではありませんが、かみ合わせの改善なども期待できます。QOLが一気に向上するかもしれませんね。

ちなみに二重歯列と言えば、かつてのおぎやはぎの矢作さんもそうでした。矢作さんも歯列矯正を行って、今では面影も感じられないほどきれいな歯を手に入れていますよ。