鉱物性と植物性の二種類のケイ素

ケイ素ウォッチャー(自称)のケイ子です。

ケイ素を摂取することのできる食品を前回紹介しましたが、実はケイ素って食品から摂取しないと体内では作り出すことができないんだそうです。

身体中に含まれているのに、体外から摂取しないといけないなんて、なかなかひねくれものですね。

さて、そんなケイ素ですが、鉱物性と植物性の二種類が存在します。水晶などに含まれるのが鉱物性ケイ素で、穀物の殻などに含まれるのが植物性ケイ素です。分かりやすいですね。

鉱物性ケイ素は不溶性(=水溶性じゃない)ので、そのままでは摂取しても吸収することができません。そのため、商品化されているケイ素は基本的に水溶性にする処理を加えているみたいです。

ないとは思いますが、もし不溶性ケイ素のサプリなどがあったら、飲んでも吸収できない可能性があると疑ってみた方が良いかもしれませんね!

ケイ素の商品で有名なのはウモグリーンとかウモブランシェとかでしょうか?他にも良いものがないか調べていきたいです。

ちなみに、ケイ素を調べる女である私は、ケイ素の力というサイトを見てこういう情報を仕入れています。肌や自律神経、腸内、関節など様々な部位に対するケイ素の効果がよくまとまっているのです。

こうして見てみると、ケイ素って美容にも健康にも良くって本当にすごいですね。その割にはあまり知名度がないような気もしますが、引き続きウォッチしていく必要がありそうです。

本日のケイ子の一言:

何でもできるのに体内では作れないケイ素。鉱物性と植物性はあっても、動物性ってないんですね。ケイ素・・・恐ろしい子!